WEBEER – Web制作の覚えがき –

【WordPress】特定の記事だけデザインを変えたい時はtemplateを作る

WordPress
WordPress 更新日:2020.09.10 公開日:2020.09.09

ブログを書いている途中でテーマを変更したくなることありますよね。

でもテーマ独自のショートコードを活用しまくっているとテーマの乗り換えはちょっと大変です。必要なショートコードを移植するか、全て書き換えなくてはなりませんね。

Multiple Themesというプラグインを使えば特定ページだけ別のテーマにすることもできます。

けれど今回はオリジナルのテーマを投稿ページで使いたいだけなのでテンプレートを追加してみることにしました。

やりたいこと

「投稿の属性」で適応するテンプレートを選べるようにする。(表示されない場合は表示オプションでチェックを入れる)

手順

コードを書く

ファイルを作成して一番最初にテンプレートの情報を記述します。

<?php
/**
 * テストテーマ
 * 
 * Template Post Type: page, post
 * Template Name: 新規テンプレ
 */

コメント内に必要な情報を記述します。

Template Post Typeは固定ページならばpage、投稿ページならばsingle、カスタム投稿ならばカスタム投稿名です。カンマ区切りで複数指定できます。

Template Nameには人間が読む用のテンプレート名を書きます。

そのあとから普通にコードを記述して行ってください。

ファイルを保存する

ファイル名はsingle-○○○.phpになります。固定ページの時はpage-○○○.phpです。

ファイルの保存先

私は普段SANGOを使っていますので、SANGOの子テーマであるsango-theme-childの中に保存します。

子テーマの中に保存したテンプレートも反映されるので、子テーマのあるテーマを使っている人はぜひ子テーマ内に自作テンプレートを保存してください。